メルカリで不要品を売ってガジェット代の足しにしよう。

この記事が面白いと思ったらシェアをお願いします★

毎日1箱タバコを吸う喫煙者は、毎月1万円と少しの固定費がかかります。同様に、ガジェッターと言われる人種も毎月ガジェット費が定例出費としてのしかかります。

いくらかガジェット費の足しになれば……と思い、フリマアプリ『メルカリ』で不要になったガジェットを売ってみました。実際つかってみて分かったのが、普段絶対接点を持つことがないだろう利用者層と、独自のローカルルール。結果としてモノは売れキャッシュは入ったものの、軽くカルチャーショックを受けました。

メルカリ批判記事ではなく、こういう人がいる、こういう独自文化がある、ぐらいのニュアンスとして受け取っていただければ幸いです。

スポンサーリンク

フリマアプリ、メルカリとは?

オークションや通販ではなく、フリマーケットという形で物を売れるCtoCアプリです。スマホで写真をとってすぐ出品、と気軽に出品でき、利用者数も1,000万人を超えているので買い手もみつかりやすいです。

利用者層は体感として中高生が多い感じです。ハンドルネームに○○mamaと書いている方もいるので主婦層もいます。参入障壁が恐ろしく低いので、キャズムの向こう側にいる人達と接点を持つことになります。

ヤマト運輸の箱

またヤマト運輸とメルカリが提携しており、らくらくメルカリ便として、安く荷物を送ることができます。

縦25cm×横20cm×厚さ5cmの、宅急便コンパクトの箱に収まるサイズに収まるものであれば全国どこでも380円で遅れます。普通に宅急便で送ると600円以上するのでお得ですね。

購入してよろしいですか? と前確する謎ルール

出品すると

「購入したいです!」
「購入していいですか?」

という購入意志を示すコメントが書き込まれます。メルカリ側で決められたルールではなく、利用者の間で広がった独自のルールです。何の強制力もなく、メルカリ側も認めていないので、最初に購入ボタンを押した人と取引をします(当たり前ですが)。

出品してるんだから買っていいに決まってるだろと思うのですが、コメントをつけて購入することをルール化しいる出品者もいます。

すさまじい値下げ要求

出品している商品のほとんどに値下げの依頼が来ました。このあたりフリマっぽいですね。○個買うから●円にして、というのではなく純粋な値下げを所望されています。

アジア諸国に行ったとき、私も露天商相手に値下げ要求を何度もしたことがありますが、そんな感じです(笑)。

「友達は○円で買ったから○円で売って」
「●円(半額近い額)にして!」

などなど。外国の露天商は基本的に観光客用(あるいは日本人用)のボッタクリ価格なのですが、こっちは相手からぼったくるつもりもなく中古ショップより少し安いぐらいの価格で出しているのですが……。

トラブルを未然に防ごう

上記2つはコメント欄やプロフィール欄に「即購入可」、「値下げ不可」とでも書いておけば未然に防ぐことができます。また購入して2日以内に支払いがないと購入をキャンセルすることもできるので、その旨を書いておけば支払いも早くなると思います。

メルカリで高く売れたもの

  • スマホ
  • ゲーム機、ゲームソフト
  • ノートパソコン

このあたりはすぐに売れました。出品して数秒で購入が来たこともあり、スピード感に圧倒されました。

他の出品者を見ていると、AliExpressで数ドルで売ってそうなものを2,000~3,000円で売っている方もいました。

例えばこの時計。

http://ja.aliexpress.com/item/7-Colors-Original-High-Quality-Women-Genuine-Leather-Vintage-Watches-Bracelet-Wristwatches-butterfly-Eiffel-Tower-Pendant/956140188.html

Aliだと3ドルで買えますが、メルカリだと結構な額で売買されています(笑)。円安ですが、まだまだ中国輸入ビジネスは儲かりそうですね。

ではでは。

スポンサーリンク

この記事が面白いと思ったらシェアをお願いします★

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。